IT社長が経済ニュースを解説!
ビジネス

【要注意】ブラック企業の見分け方!求人票には気を付けろ

本日のテーマ

ブラック企業の見分け方は求人票にある?精神論や残業の有無など、絶対に行かない方がいい会社の特徴の見分け方7つを伝授します!

①ブラック企業と求人票
②ヤバイ会社の特徴7つ
③良い会社の求人票

↓動画で観たい方はこちら

今日のテーマ
今日はブラック企業の見分け方を「求人票」から紐解いていくぞ!必見の内容じゃっ!
ざっくり3ポイント
①ブラック企業と求人票
求人票は、単調なように見えて実は宝の宝庫なのじゃ。
ヤバイ会社の求人票の特徴7つ
それではヤバイブラック企業の特徴7つを求人票から解説していくぞ。
②ヤバイ会社の特徴7つ
アットホームですとアピールするところはヤバイし、社員旅行の集合写真とか載せてるところはもっとヤバイぞ。人の繋がりを強調しているところはブラック傾向ありだ。
②ヤバイ会社の特徴7つ
求める人物像が、根性や成長欲といったアバウトなところはブラック傾向が高い。そもそも語彙力どうしたお前。
②ヤバイ会社の特徴7つ
給与の横に小さく「みなし残業40時間」とか書いている会社はクソヤバイぞ。そもそも残業ありきで回っている会社は、ブラック率99.9%だ。
②ヤバイ会社の特徴7つ
安易に海外旅行で釣ってくるところはヤバイ。そういう単純なインセンティブで釣られる社員しか集まっていなかったりするのでレベルも低いぞ。
②ヤバイ会社の特徴7つ
よくわからん情報商材の兄ちゃんが好きな言葉と一緒で、怪しい奴らは「圧倒的」という言葉をよく使いガチだ。圧倒的が2回以上出てきたらブラック確定なので、一目散に逃げろ。そしてママのおっぱいでも吸って落ち着こう。
②ヤバイ会社の特徴7つ
年中求人を出しているところは、もはや人が辞めすぎている証拠でヤバイ。ブラック率はこちらも99.9%だ。
②ヤバイ会社の特徴7つ
未経験を大歓迎している会社もブラック率が高い。そもそも、ちゃんとした会社が具体的なスキルをしっかりと求人にも書いているぞ。
③ホワイト企業の求人票
ホワイト企業は、求人票が具体的で細やかだ。安易に人間関係や精神論を持ち出してこないぞ。皆も騙されないようにな。

①ブラック企業と求人票
②ヤバイ会社の特徴7つ
③良い会社の求人票

ダニエルの就活チャンネルで内定を決めろ!

「ダニエルの就活チャンネル」では、慶應卒、元楽天のIT社長ダニエルが、内定の極意や起業情報を解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。