IT社長が経済ニュースを解説!
ビジネス

【暴露します】楽天・新卒1年目の実態は?働き方や給料は?元社員が語ります

ニュース概要

メガベンチャーを超え今やネットショッピングのみならず、金融、カード、AI、球団など、楽天経済圏を形成しつつある巨大IT会社。倍率100倍〜200倍はを潜り抜けた新卒の1年目の働き方や給料、研修プログラムを元楽天社員が大暴露!

①新卒人数、研修、給料
②配属先、スケジュール
③楽天の文化、あるある

↓動画で観たい方はこちら

楽天新卒の1年目を 元社員が全暴露! 給料やスケジュールは?
本日は、元楽天社員の管理人ダニエルが、楽天新卒1年目の実態を暴露しちゃいます!詳しくはYouTubeの方で色々喋っておりますよん。
楽天新卒に興味?
実はGoogleのキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べてみると「楽天 新卒」で検索している人がおよそ月に1000〜1万人いる事が発覚した。なので、今回は楽天の新卒事情を大暴露したいと思う。おそらく、就活生か新卒で楽天に入る事が決まっている新卒社員がこの記事を読むのだと思う。
ざっくり3ポイント
今日の記事は、①新卒の人数や研修、ぶっちゃけの給料②配属先やスケジュール③楽天の文化あるあるというラインナップで送っていくぞ。
楽天 2015年入社
まずはじめに自己紹介をしておくと、本サイト運営者ダニエルは、楽天に2015年新卒で入り、楽天市場の①編成部②マーケティング部③クリエイティブデザインの3つの部署(部門・セクション)を経験している。
Webプロデューサー
主には、Webプロデューサー、デザインディレクターを経験。要するに、楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどの楽天市場のキャンペーン企画の内容やデザインを考え、それを制作してリリースしデータ分析するまでを丸っとやるようなところにいた。
新卒人数、研修、給料
まず、毎年新卒は350人程度採用される。そして、新卒は主に①楽天カード研修と②GET研修 という研修がある。①楽天カード研修は、友達などに1人当たり30人の「楽天カード入会」のノルマが課せられる。②GET研修は、楽天市場への出店営業などいわゆる(新規開拓)の営業だ。給料は新卒で30万円スタートと平均よりはかなり高め、入社までにはTOEIC800点という結構ハード目な足切りラインもあるぞ。
配属先、スケジュール
基本的には、4月〜6月までの研修を受けて、7月にそれぞれの部署に配属されるパターンだ。
ほとんどが楽天市場の営業(既存の楽天市場出店店舗への広告営業や、新規での楽天市場出典への営業)に配属になる。残りの2〜3割が他部署や楽天カード・銀行・法務・デザイン・プロデューサーなどの配属になる。最近は楽天モバイルへの配属も多い。
楽天の文化、あるある
とにかく、達成マインドはデカイのが楽天。「Get Things Done」と言って、立てた目標は必ず必達の文化がある。社食は朝〜晩まで無料、ニックネーム制度、体育会な風土、毎週朝8時からのMTGあり、と結構特殊な会社だ。基本的に倍率100〜200倍くらいのハードな選考の中から選ばれた新卒が入社してくるので、皆基本的なスペックは高い。(管理人のダニエルはTOEIC810点は一応取得しているが、英語をビジネスレベルで話せる奴らも多いので、新卒の中ではかなり英語レベルが下の方だった。)
ダニエルの考察
楽天は新卒としては、 めっちゃオススメ 次のステップを考える 必要はある
おそらく楽天の研修内容や費用のかけ方は尋常じゃないので、新卒として社会や企業の仕組みを学ぶには結構もってこいの会社だと思う。但し、次のステップを考えて働く必要はあるぞ。

ダニエルの考察

どの企業でもそうだが、入社してからの今後の自分の方向性や戦略は考えておいた方がいいぞ。一生一つの会社で働く時代は終わった。

①新卒人数、研修、給料
②配属先、スケジュール
③楽天の文化、あるある

ダニエルの就活チャンネルで内定を決めろ!

「ダニエルの就活チャンネル」では、慶應卒、元楽天のIT社長ダニエルが、内定の極意や起業情報を解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。