IT社長が経済ニュースを解説!
ビジネス

【闇が深い・・】元厚労省キャリア官僚がコロナと舞台裏について暴露

本日のテーマ

元厚生労働省のキャリア官僚の中村さんにお越しいただきました。
コロナと今の情勢とコロナの裏側などを深堀りできたらなと思います
よろしくお願いいたします。

↓YouTubeで公開中


ダニエル
どうも、こんにちは。ダニエルです。
元厚生労働省のキャリア官僚の中村さんにお越しいただきました。
コロナと今の情勢とコロナの裏側などを深堀りできたらなと思います
よろしくお願いいたします。

中村さん
よろしくお願いいたします。

ダニエル
簡単に中村さんを紹介させていただきますと
開成高校→慶應義塾医学部卒業→米国エール大学修士取得→慶應義塾医学博士取得
厚生労働省技官として臨床、研究、法整備の各面からががん治療に関わっていました。
現在はがんサポートDr代表として活動しておられます。
岸田総理と同級生という事ですごいですね。

中村さん
岸田さんはすごいですね(笑)

そして、逮捕歴があるという
厚生労働省の酸いも甘いも知ってるという経歴という事で
逮捕周りに関しては別の動画でお送りしてます。
今日はコロナや厚生労働省の中の仕組みについてお話を聞きたいと思います。

ちなみに医学博士としてはコロナについてどのような見解をお持ちですか?
ぶっちゃけベースで言うと。

中村さん
ぶっちゃけベースで言うと…
嘘の塊

ダニエル
具体的に何が嘘の塊ですか?

中村さん
専門家はコロナもインフルエンザのように医学的な診断手続きを取ろうとしてましたが
どのように診断の手続きをするかが、すぅーっと消えていったんですね。
PCR=陽性はコロナ感染者となってしまったので、未だになぜコロナと診断されているかがよくわかりません。

ダニエル
インフルエンザはどういう手続きなんですか?

中村さん
インフルエンザの場合は病院に行かずに診断していない人はカウントされません。
症状が出て病院に来た人に抗体検査をした人にインフルエンザ抗体陽性が出て、そこで初めて診断名が付いてカウントされる。

ダニエル
なぜ、コロナは手続きがなくなったんですか?

中村さん
これは国内問題ではなく、国際問題です。

ダニエル
ではこれは日本だけで決める問題ではなく、他の国の影響によるものなんですか?

中村さん
ものすごく影響してます。

ダニエル
例えばどういったところから影響されてますか?

中村さん
PCR検査の何をもって陽性と判断するかは、WHOで決めたものです。
コロナの基準の仕組みそのものは国際的に作られたものです。

ダニエル
WHOの決めた基準で、感染者はカウントされるんですね。

中村さん
そうです。
ワクチンの有効性が発表されている論文がありますが
コロナの感染者をかなり厳密に調べる必要があるところですが
その論文を見る限り、コロナの判断基準はPCR検査のみで不正確なんですよ。
それを通した学会も抱き込まれているみたいで、通常だと通らない論文です。
世界中の専門家がこの論文をもってワクチンは有効だと論拠していて
そこから嘘があるんじゃないかと思われます。

ダニエル
コロナをカウントするのはPCR検査のみでその仕組み自体が疑わしいのですね。

なぜ世界的にコロナ患者を出したい流れになっているんですか?

中村さん
それは手段だと思います。
一部の人にとって人々を管理するのにコロナを利用するのが都合が良いからです。

ダニエル
中央集権的に人を管理するために、コロナによって恐怖心を煽る流れがあるって事ですか?

中村さん
そうですね。

ダニエル
ちなみにコロナのワクチンの話になりますが
コロナのワクチンの志望報告データで、2021年11月時点で1300人程度ですが
その内の99%が死因不明ですが、厚生労働省の判断基準はどうなってますか?

中村さん
明確な事はわかりません。
どう死亡診断書を書くかはルールに従って報告するようになっています。
ただ、情報が流れて下手に騒ぎにならないようにはしてるとは思います。
役所がコロナの情報をコントロールする事はできません。

ダニエル
では、コントロールされた情報を提供する何かの仕組みがあるという事ですか?

中村さん
そうですね。

ダニエル
ちなみにそれはどこからのものだと思いますか?

中村さん
メディアに経済的な影響を与えている”何か”だと思います。

ダニエル
情報をコントロールをしているのは行政ではなくて
世界レベルで経済的な影響を与えている力があるという事ですね?

中村さん
そうです。
いくつか例があって、行政は世論が必要なためメディアを利用する事があります。 そのメディアのコントロールがあると思います。
例えば既存の治療方法よりも有効で普及する治療方法が潰される事があります。
有名な例として、アガリスクというキノコの例があります。
その健康製品で健康被害が1件出たため、市場から手を引きました。
厚生労働省の審議の結果、原材料のアガリスクは問題なく製造会社の製造方法に問題があった事を公表しましたが
メディアの力によってアガリスクは市場で回復しませんでした。
そんな例があるように既得権益はメディアを利用して市場を脅かすものを叩く事があります。

そのように、コロナの情報コントロールはメディアを利用していると思われます。

ダニエル
なるほど。コロナの恐怖心からワクチン接種を促しているのは
仕掛けみたいな力が働いているという事ですね。

中村さん
さきほどお話した事例なんかは得する人が決まってるんですよ。

ダニエル
コロナで得する人はどんな人ですか?

中村さん
まずはワクチン業界の人。
製薬業界の人。
あとは、パチンコ店など政治的に力を持っているところはコロナ渦において飲食店のように叩かれていません。

ダニエル
確かに。コロナ渦でもパチンコ店は人がめちゃめちゃいますもんね。

中村さん
科学的根拠とは別に、政治的な配慮をしないといけない業界が有利になる仕組みになっています。
ダニエル
中村さんとしては、コロナ渦において世の中がどのようになるのが理想的ですか?

中村さん
皆さんが、コロナ収束のイメージを持ってポジションのある人が提言する事です。
アメリカのヤンキースタジアムで観客制限なしでマスクなしで観戦しているように
日本もそれができるんだと提言する人が出てくる必要があります。
今のままだとコロナが落ち着いても、不要な対策を取り続ける事になります。
1200万人の東京都民がいる中で、コロナ感染者は30人切っているわけですよね。
しかもPCR陽性ていうだけで、本当に感染しているかわからない。

ダニエル
そうですね。もはやこのままだと永遠にやってそうですもんね。
陽性者がアメリカより圧倒的に少ない日本ではアメリカのようにできるはずなのに
それを提言してる人がいないというわけですね。

中村さん
そうです。言えば皆右にならえする国民性なので、すぐに変わるだろうから
そろそろ言うタイミングだと思います。

ダニエル
最後に、コロナ対策として中村さんの一番良い方法はなんですか?

中村さん
マスク社会で一番簡単で有効なのは、酸素をしっかり補給する事が大事です。
肺の内圧を上げる事が有効で酸欠を防ぎ免疫力を高める事ができます。
風船をふくらませたり、ラッパを吹いたり、吹き矢を吹いたり、居合のように「えいっ!」とやるなど。
そのイメージを持っていただく事が大事です。
マスクを外して大気の酸素を存分に取り入れる事を意識する事です。
物が欲しい人は高濃度酸素水を飲むと酸素の補給に良いです。
酸素が十分あれば免疫力が上がりますので。
意外と知らない事だと思うのであえて酸素のお話にしました。

ダニエル
ありがとうございました。 という事で今日は、元厚生労働省のキャリア官僚で逮捕歴のあるという
めちゃめちゃすごい中村先生にお越しいただきました。
ありがとうございました。



ダニエルの就活チャンネルで内定を決めろ!

「ダニエルの就活チャンネル」では、慶應卒、元楽天のIT社長ダニエルが、内定の極意や起業情報を解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。