IT社長が経済ニュースを解説!
ビジネス

【起業は簡単!】IT社長が教える3時間で会社設立する方法

ニュース概要

会社設立は複雑?そんな面倒なフローを一気に解決する裏技を現役IT社長が伝授!分かりやすく3ポイントで解説します
①印鑑を楽天で買う
②freeeで一括資料作成
③法務局、税務署に出す

↓動画で観たい方はこちら

今日のニュース
法人登記の必要書類
法人登記をする際は、めちゃめちゃ資料が必要。ざっと11種類程度ある。
いや一瞬で終わるよ。
でも、法人登記の作業は、現代の便利ツールを使えば実は一瞬でできる!(実質的な作業3時間程度)
圧倒的に株式会社がおススメです!
ダニエルの感想として、合同会社よりも株式会社の方がやはりブランディングとしてはもってこいだ。名刺を渡すたびに「合同会社です。あ、最近では主流になって、アマゾンなんかも合同、、」と毎回説明するのは面倒だ。
ざっくり3ポイント
①印鑑を楽天で買う
まず、法人設立の際には印鑑が必要だ。登記に使う①法人印、銀行に届ける②銀行印、実務で使う③社印だが、これは普通にコスパ良くネットで買おう。楽天 印鑑3本セット
②freeeで一括資料作成
社名と住所等を入れるだけで複雑な書類が全部一括で出てくる「会社設立フリー」という無料ツールがオススメだ。これで一気に面倒な資料をダウンロードしてしまおう。
③法務局、税務署に出す
あとは、作成した資料を持って、登記申請した区画にある法務局税務署に届けにいくだけだ。
ダニエルの考察
とりあえず会社辞めて会社登記すれば、あとは道は拓けてく。

ダニエルの考察

決断すると、後は勝手に必要なものはやってくる。以上だ。

<ご紹介したアプリ> ①印鑑を楽天で買う
②freeeで一括資料作成
③法務局、税務署に出す

一言ニュースYoutubeで毎日配信

「ダニエルの一言ニュース」では、IT社長ダニエルが、動画で毎日ニュースを分かりやすく3ポイントで解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。