IT社長が経済ニュースを解説!
国内

新型コロナウイルスって結局何?何が怖いの?感染経路や症状、治療法は?

ニュース概要

現在猛威を奮っている、新型コロナウイルスの正体や主要機関の最新情報。感染経路や症状、治療法をまとめました。

①旧来の6種類以外の新型
②インフルエンザと同じ認識
③飛沫感染と接触感染に注意

↓動画で観たい方はこちら

新型コロナウイルスって何?
ざっくり3ポイント
厚生労働省の「新型コロナウイルス 」に関するQ&Aをチェックしよう。
①旧来の6種類以外の新型のコロナウイルス
中国「武漢」で猛威を奮っている新型コロナウイルス 。
人に感染するコロナウイルス として認定されているものは6種類。今回は新型の発見。
感染源は、コウモリや媒介はセンザンコウなどとAFPは報じているが、真相は分かっていない。
咳・発熱・悪寒
初期の症状は、咳や発熱、悪寒など、通常のインフルエンザのような症状をもたらすと、日経新聞の記事は報じている。
②インフルエンザと同じ認識
厚生労働省の発表によると、新型コロナウイルスの潜伏期間は1日〜12.5日
ただ、世界のインフルエンザによる死者数を考えると、今回の新型コロナウイルスは、インフルエンザと同等の威力と考えて、落ち着いた行動を取ることが賢明だ。
③飛沫感染と接触感染に注意
新型コロナウイルスの感染経路は、①飛沫感染と②接触感染 の2種類。
咳やくしゃみの予防、つり革やドアノブ、握手からの接触に気を付けるべき。
手洗い・うがい・マスク
引用・厚生労働省 “まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで行うことが重要です。”

ダニエルの考察

新型コロナウイルスは、厚生労働省も「インフルエンザと同様の対策」と言っているように、必要以上に遅れたりせず、手洗い・うがい・マスクでの予防を心がけよう。基本に忠実なのが重要だ。

①旧来の6種類以外の新型
②インフルエンザと同じ認識
③飛沫感染と接触感染に注意

一言ニュースYoutubeで毎日配信

「ダニエルの一言ニュース」では、IT社長ダニエルが、動画で毎日ニュースを分かりやすく3ポイントで解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。

〜参考・引用〜
■厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

■国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansen…

■首相官邸 新型コロナウイルス感染症の対応について https://www.cas.go.jp/jp/influenza/no…

■厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)  (受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施))