IT社長が経済ニュースを解説!
国内

【コロナと経済】コンビニで売上急増の意外なヒット商品

ニュース概要

コロナショック、様々な小売店が打撃を受ける中、コンビニで意外なジャンルがのびている?セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのそれぞれの売筋ジャンルを分かりやすく解説!

①売上の大きな増減なし
②各種コンビニの売筋商品
③小中高の親の影響少なし

↓動画で観たい方はこちら

コンビニ、コロナ影響下の 「意外なヒット商品」
コンビニ VS コロナ
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、コロナの影響下でどんな商品が売れているのか?今日は迫ってみたいと思います。
ざっくり3ポイント
①売上の大きな増減なし
セブンイレブンは、1月の総売上は1.5%増、2月は0.8%減とほぼほぼ変わらずだ。
②各種コンビニの売筋商品
ローソンは、UNO、折り紙、シャボン玉が35%増の売上だ。休校などの影響からこの辺りのアイテムをこどもに買う親が多いようだ。
酒類、惣菜+30%の売上
セブンイレブンは、酒類、惣菜(セブンプレミアム)の売上が共に30%増、ファミリーマートは、カップ麺、惣菜(親子食堂)の売上が共に10%増だったようだ。
③小中高の親の影響少なし
小中高の休校でコンビニパートのママ達の影響はどうかと言うと、意外と無いようだ。
というのも、こどもありのママは、定時のバイトやパートをする事が多く、コンビニなどの変動シフトに入りにくいそう。
ダニエルの考察
どこの国でも今 買い占めラッシュ ユダヤ・ジョークの 精神を大切に
イスラエルの買い占めラッシュの時は、スーパーもお客も躍り狂っていたようだ。これは、ユダヤ人が昔から迫害の歴史を辿ってきた事に起因しているようで、ピンチの時こそそれを笑いに変えるという知恵があるようだ。

ダニエルの考察

ピンチの時でも、ユーモアは大切。笑っていれば、きっと、良くなるさ。

①売上の大きな増減なし
②各種コンビニの売筋商品
③小中高の親の影響少なし

一言ニュースYoutubeで毎日配信

「ダニエルの一言ニュース」では、IT社長ダニエルが、動画で毎日ニュースを分かりやすく3ポイントで解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。

■参考・引用:東洋経済オンライン コンビニ、コロナ影響下の「意外なヒット商品」 https://toyokeizai.net/articles/-/335896