IT社長が経済ニュースを解説!
経済

【ファイナンス】お金を増やすための現在価値と将来価値の理論

ニュース概要

現在の100万円と将来もらえる100万円では価値が違う。ズバリ、将来の100万円の方が価値が低いのだ。そこが資産を増やせる人と増やせない人の特徴だ!そんな、貨幣の現在価値と将来価値の理論を分かりやすく3ポイントで解説する。

①現在価値と将来価値
②1年後の100万円の価値
③後払いにもっていくな

↓動画で観たい方はこちら

今日のニュース
お金の価値と思考法
今日はファイナンス的な思考法を超ざっくり説明していくぞ。
ざっくり3ポイント
①現在価値と将来価値
まず、キャッシュの「n年後」の価値は、FVn=PV(1+金利)nという式で計算できる。これは難しいようでいて簡単で、例えば1年間5%で運用できる投資先があったとすると、当然のごとく105万円になるのだ。
②1年後の100万円の価値
つまり、同じ100万円なら、1年後の100万円の方が価値が低い事になる。なぜなら、例えば年利5%で資産が増やせる場合は、今の100万円の価値は1年後に105万円になっていなければならないからだ。
③後払いにもっていくな
さて、このファイナンスの「同額であるならば、現在のキャッシュの価値の方が高い」というところを応用すると、お金の受け取りは早ければ早い方が良いという事になる。逆に、受け取りが遅ければ遅いほどそのキャッシュの価値は落ちていく。つまり、安易に分割や支払い遅れを許していると、実際に受け取るお金の価値は下がっているという事だ。
ダニエルの考察
早くもらい 早く払う
ファイナンスにおけるキャッシュの現在価値と将来価値の考えでは「早くもらい遅く払う」事が最もキャッシュの価値を高める事になる。しかし、ビジネスの信頼を高めるというメリットも含めて考えると、「早くもらい早く払う」という事が一番メリットがあるとダニエルは考えているぞ。
次回・経済実験@渋谷
次回は、貨幣の現在価値と将来価値の延長線上で、実際に渋谷でお金を配って実験してみたぞ。チャンネル登録をして見逃すな!

ダニエルの考察

金払いが早いやつは、いつの時代も仕事ができる。これはもう決まりきっているよなぁ。

①現在価値と将来価値
②1年後の100万円の価値
③後払いにもっていくな

一言ニュースYoutubeで毎日配信

「ダニエルの一言ニュース」では、IT社長ダニエルが、動画で毎日ニュースを分かりやすく3ポイントで解説しています。ぜひチャンネル登録をして、日々の時事ネタをキャッチしましょう。